特注なソリューションにご興味のある場合、ご連絡下さいませ。

特注なソリューションにご興味がありますか。

NEMO

THE NEXT MOVE IN MOVEMENT DISORDERS

ビデオを再生

NEMO

NEMO (「運動性疾患のための次の行動」) は、ZiuZ とフローニンゲン大学医療センター (UMCG) 間の 3 年にわたる共同プロジェクトです。 このプロジェクトは多動性障害に重点的に取り組んでいます。 これは、振戦、ミオクローヌス、ジストニア、チックまたは舞踏病などのような、過度の不随意運動を特徴とする疾患です。 現実的に、これらの異なる様態の不随意運動を見定める事は、時として大変な困難を伴います。 このような疾患を目にする事の少ない医師にとっては、症状を識別する事が困難な場合があり、また医師間で必ずしも意見の一致が得られない場合もあります。NEMO プロジェクトの目標は、とりわけスマート 3D カメラと機械学習技術を採用して、医師による異なる形の不随意運動の識別を容易にする、コンピューターによって支援される診断ツール (CAD) を開発する事です。 運動を検知すると運動や筋活動を測定するセンサーが使用されます。 Ziuz はこの CAD ツールの開発に、人工知能およびパターン認識技術を使用します。目標は、この CAD ツールによって医師が患者の運動障害を正確に診断する事を支援し、その結果将来においてより素早く、より多くの症例で患者が正しい診断を受ける事ができるようになる事です。 また、これは運動障害の自然進行を見極めたり、治療効果の評価を改善するために使用する事も可能です。NEMO には欧州連合 (EU) からの助成金が共同出資されています。 欧州地域開発基金 (SNN経由)、およびフリースラント州。