特注なソリューションにご興味のある場合、ご連絡下さいませ。

特注なソリューションにご興味がありますか。

我がのストーリー、そして従業員

Our Story

ビデオを再生

2002 - 2006

2002 - 2006

ガレージのスタートアップ

初期時代

ZiuZのストーリーは、ワスケメールにあるフリジア村のひとつのガレージから始まりました。 ゲリット・バールダとエド・ヴァン・デン・ブランドが2002年に当社を設立しました。 ZiuZは2006年に最初の製品を発売しました。 それは、デジタル化されたVHSテープの要約を作成するデバイスでした。 その年に、ZiuZは最初の従業員を迎え、ゴルレデイクで最初のオフィスを開設しました。

2006 - 2008

長年見続けた夢の実現

大切なパートナーシップ

しばらくの後、オランダのトウェンテ地方警察から連絡がありました。 子どもへの性的虐待の調査に、私たちが技術的に支援できるかと聞いてきました。 ゲリットとエドは、社会問題の解決に貢献するという長年の夢をついに果たすことができました。 これをきっかけに、オランダ警察との重要なパートナーシップが生まれました。 警察との緊密な協力関係の中、ZiuZは、調査員が映像を効果的かつ効率的に分析することができるツール、VizXビューを開発しました。 2007年にはVizX Imageが追加され、調査員が映像と画像の両方を分析する際に、ツールを切り替える必要がなくなりました。 それ以来、オランダ警察は、(オンラインの)児童虐待調査にVizXスイートのみを使用しています。

2006 - 2008

2009 - 2010

2009 - 2010

異なる分野

調剤プロセスの安全な管理

2009年、ゲリットとエドは、VizX用に開発、統合された技術が他の分野にも適用できることに気付きました。 オランダの中央ブリスターセンターのディレクターが、分包調剤プロセスの安全を守るソリューションの必要性を語っていました。 VizX2に統合されたアルゴリズムに基づき、ZiuZは、色、サイズ、形状などのパラメータに基づいて適切な内容の一包化薬を鑑査することができる、Foresee Inspectorを開発しました。

2010 - 2012

拡張

新規開拓

ZiuZは、2つの異なるタイプの顧客のニーズに応えるには、組織を再編せずには不可能であると考えました。 そこで2つのビジネスラインが構築されました。 ZiuZ MedicalとZiuZ Forensicです。 それぞれが独自のビジネスユニットマネージャーおよび専属の開発者とエンジニアのチームを有しています。 成長とともに変化ももたらされ、最初のオフィスは手狭となり、ZiuZはステーションズウェグにオフィスを新たに移しました。

2010 - 2012

2012 - 2016

2012 - 2016

継承

The next step

2012年の時点で、ZiuZ Medicalは薬局業界で2年の経験を積んでいました。 この経験を活用して、より高い正確性と動作速度を有す、より良い鑑査装置を開発することができました。 Expopharm 2012において、ZiuZ Photonが発表されました。 Photonは、すべてのメーカーのブランドの分包機とのインターフェースが可能であり、市場における最高のソリューションとして認識されました。一方、ZiuZ Forensicは、児童虐待など違法コンテンツをホストしていると通報されたウェブサイトを世界中のアナリストが効率的に分析するシステムを構築するため、インターネットホットラインの国際協会であるINHOPEと契約を結ぶことになりました。 これにより、2014年にICCAMが経ちあげられました。

2016

ZiuZ IRIS

ポートフォリオの拡張

2016年に再びExpopharmでもうひとつの製品の立ち上げが行われました。 この時、ZiuZはZiuZ IRISという鑑査装置の卓上版を発表しました。 ZiuZ IRISは、利用可能なスペースが限られている小規模な(病院や小売)薬局向けに特別に設計されました。 製品のポートフォリオを拡大した後、ZiuZは中国および日本における一包化薬鑑査装置の市場に参入しました。

2016

2017

2017

リーダーの交代

新たなCEO

2017年は大きな節目の年となりました。 ゲリットは、初心に戻りたいと思うようになっていたのです。 2002年、エドと二人で取り組んだ、製品をゼロから開発することをもう一度やりたいと願ったのです。 そして、ZiuZ Medicalの事業部長であったベルト・ガーリッヒが、ZiuZの新CEOに任命されました。

現状と将来

世界に社会的影響を与える

目標に拘る

ゲリットとエドが2002年に会社を設立したとき、その目的は社会問題を解決するソリューションを提供することでした。 この信念は今でもZiuZの企業文化にしっかりと組み込まれています。新たな焦点は、医療分野におけるスマートな視覚知能技術の活用です。 この分野では、増加する視覚資料を迅速かつ自動的にレビューできる機能に多くのニーズが高まっています。ZiuZは、多動性障害の診断と治療の確立を支援するコンピュータ支援診断ツールの原理証明のため、クロニンゲン大学病院University Medical Center Groningenと協力しています。 当社が探し求めるコラボレーションは、 より良い世界のために貢献する製品を開発する(医療)専門家とのパートナーシップです。

現状と将来