特注なソリューションにご興味のある場合、ご連絡下さいませ。

特注なソリューションにご興味がありますか。

INHOPE

ReportBox

INHOPE ReportBoxサービスの主な目的は、ICCAMプログラムに参加するためのリソースがない、また操作レベルに満たないホットラインをサポートをすることです。 このサービスを使うことにより、ホットラインはバックエンドシステムの作成、運用、管理、およびメンテナンスの手間をかけずに、ウェブサイト上のフォームで一般市民とのやり取りが可能となります。

ホットラインの重要課題の1つは、一般市民がオンラインの違法行為の疑いを匿名で通報できることです。 実際、先進国の大概のホットライン・ウェブサイトにはフォームがあります。一般市民は、このフォームに違法行為に関わる情報を入力することができます。 フォームは、ホットラインが独自に管理および維持するバックエンドデータベースにリンクされています。 これらのデータベースから、INHOPEのICCAMサービスに通報が寄せられます。  ICCAMは、通報を既知の通報および内容と照合し、通報の重複を防ぎます。 ホットラインのアナリストは通報を分類し、関連するホットラインに情報を共有し、最終的にインターネットサービスプロバイダや法執行機関に通報することができます。 さらに、ICCAMは、処理された通報の履歴と統計を常にトラッキングします。

Test

フォームがホットラインのウェブサイトに組み込まれると、一般市民はこのフォームを使って違法行為をホットラインに通報することができます。 一般市民によってフォームに入力された情報は、ReportBoxに含まれるデータベース内の、ホットライン固有のセクションに通報情報として保存されます。

さらに、ReportBoxを使って、通報の履歴をレビューしたり、簡単な統計を取ることができます。

test