特注なソリューションにご興味のある場合、ご連絡下さいませ。

特注なソリューションにご興味がありますか。

INHOPE

ICCAM

オンライン上の違法コンテンツを人々が通報できること、これが最も大切です。 INHOPEの技術パートナーとして、当社はそれを可能にします。

INHOPEはホットラインを積極的かつ協力的につなげるグローバルネットワークであり、違法なオンラインコンテンツの取り締まりに協力し、インターネットによる子どもへの性的虐待の根絶に努めています。 世界中のホットラインは、違法と思われるオンライン素材を匿名で通報する方法を一般に公開しています。 素材の違法性が判明した場合、通報は法執行機関に調査のため回されます。 コンテンツをホストするインターネット・サービス・プロバイダは、多くの場合、すぐにウェブサイトをシャットダウンしてしまいます。

This partnership resulted in the development of ICCAM (pronounce: I see CAM – Child Abuse Material): a tool for crawling websites for illegal content. The solution enhances the Hotlines’ capability and capacity to match, identify and analyze child sexual abuse images and videos.

The reports the Hotlines receive, contain a URL pointing to the content. URLs are entered in the ICCAM system. ICCAM crawls the URL and downloads images and videos for classification by a hotline analyst. If the investigated URL is hosted in a different country, the report will be forwarded to the respective Hotline in that country. ICCAM filters out images and videos that have been previously classified by Hotlines or that already exist in Police databases with illegal material. Images and videos that have been classified as illegal by Hotline analysts and that are unknown to the Police, will be reported to both the National Police Force and INTERPOL.

ICCAMは当初INHOPE用に開発されましたが、広範囲に活動する警察の分類システムとして利用されるようになりました。 離れて作業をする調査員同士がシステムに安全に接続し、画像や映像の処理を共同で行うことができます。