特注なソリューションにご興味のある場合、ご連絡下さいませ。

特注なソリューションにご興味がありますか。

法執行機関 | 21.04.20 | minute(s) reading time
ICCAM: CSAM(性的な児童虐待画像)に対する取り組み

Cor Mulder

Marketing & Account Manager

世界中に47のホットラインを有するネットワーク組織INHOPEは、オンラインの性的な児童虐待画像(CSAM)の問題解決に取り組んでいます。 欧州委員会(EC)は、この取り組みを支援する助成金をさらに2年間にわたって支給しています。

 

この期間の重点項目は以下のとおりです。

 

統計ポータル

統計情報がますます重要になっているため、INHOPEとそのメンバーが関係者に対して特定の統計情報を作成できる統計ポータルを構築。

 

自動テイクダウン通知

ホットライン分析担当者の手作業を減らすため、各地の法執行機関およびインターネットサービスプロバイダーに報告後のコンテンツがオフラインにされていることを自動的にチェックする機能をZiuZが構築。

 

ホットラインのニーズに応える

ホットラインの要求に基づき、ICCAMシステムの日常的な使用を支援する変更をICCAMシステムに追加。

 

分類子

分析担当者の優先順位付けを支援するために、分類子をICCAMに含み、ヒューマンコントロールを維持しながら、違法画像かどうかの予測をサポート。

 

ZiuZは、INHOPEと欧州委員会が2020年2月11日に実施した「セーファーインターネットデー」のフォーカスグループにも参加し、CSAMを阻止する枠組みにおいて、複数の組織と共に課題に取り組んでいます。

関連ニュース