血液灌流から始まる医療画像データ解析

メディカルイメージングとは

ZiuZは、自社のビジュアルインテリジェンスの機能を用いて、病院が大量の医療画像データを解析し、外科医が今まで見えなかったものを見ることができるようにするための製品を開発しています。この新製品開発の第一弾として、外科医が血液灌流を見て解析するための医療機器を開発しました。

ZiuZとLIMIS Developmentは、結腸癌手術における重篤な合併症を予防するために設計された医療用画像診断装置の開発するためのパートナーシップを締結しました。この装置は、結腸断端を再接着するための吻合部の最適な部位を選択するために、外科医に結腸手術中の血流の灌流マップをリアルタイムで提供するものです。血流の測定には、レーザースペックルコントラストイメージング (LSCI) と呼ばれる技術を使用して測定され、この技術では、光学干渉によって、散乱コヒーレントレーザー光が表面下の血流にスペックルパターンを生成します。

テクノロジー

レーザースペックルコントラストイメージング

結腸癌は最もよく見られる癌の一つで、さまざまな治療法があります。多くの場合腹腔鏡手術を用いて結腸の一部を切除し、残った部位を再吻合する必要があります。この手術で中に、残った部分の一方または両方の灌流が悪くなり、吻合部漏れを 引き起こす危険性があり、これは世界的にも大きな合併症で、発生率は13%、死亡率は約10%です。手術後約4日で発生し、しばしば再手術や長期入院を余儀なくされます。吻合漏出はさまざまな要因によって引き起こされるため、正確な原因を判断することが難しいものですが、一般的に吻合部位の灌流状態が主要な原因であることがわかっています。現状では外科医は、組織の色や触診可能な動き、あるいは切除端の出血といった、生存率の主観的測定に基づいて微小循環の状態を判断しています。PerfusiX 結腸の手術中に血流のリアルタイム血液灌流マップを外科医に提供し、吻合に最適な部位を選択するための医療機器です。血流は、レーザースペックルコントラストイメージング (LSCI) と呼ばれる技術を使用して視覚化されます。この技術では、光学干渉によって、散乱されたコヒーレント レーザー光が表面下の血流に対する光学干渉により、CCD カメラ上にスペックル パターンを生成します。

Red blood cells1

その他の産業